留学生の活躍

【2017年11月20日 パレルモマッシモ歌劇場にてソリストオーデション実施】

門下生のバリトン伊藤友祐さん(26歳)が合格しました。
参加者は合計17人の現役のイタリア人歌手たち。その中で伊藤さんを含む3名が合格しました。

_____________________________________________

2019年3月 東洋が歌う、弾くベッリーニ

先日のコンサートの批評。(歌劇場批評家)

お題 「東洋が歌う、弾くベッリーニ」

最近ではヨーロッパ人さえ滑稽な伝記的表現になりがちなこのベッリーニとドニゼッテイをこの日本人歌手たちは 、

若いながらも眼差し 目線、作曲家と台本に忠実な感情 、音楽表現(‼️)高レベルな磨きのかかった声によって繊細に打ち出されていた。

歌い手の眼差しの奥に台本作家と作曲家の意図と感情が交錯し 奥深い表現をこの小さなサロンでは手に取るように感じ取ることができた。(要約)

 

なんとまあ嬉しいお言葉を頂きました。

台本=言葉=発語/発音=ベルカントの技術(決して吠えないコントロール)=作曲家が意図する音楽表現

これらは全て繋がっていてどれをも欠かす事が出来ないという私たちのモットーをみんな全力で頑張ってくれた結果だと思います。

<  新聞記事から  >

 

 

生徒さんの新聞記事から 写真添付.jpg

歌劇場のリハーサル風景
留学生には可能な限り、歌劇場のリハーサルを見学出来るよう手配しています。イタリア現地の歌劇場がどういう風に舞台を作っていくのか、歌手はコレペテイとどういった勉強をするのか、プロの仕事を実際に自分の目でみて体験する事はとても良い経験となります。

ギリシャ劇場
シチリアには、世界的に有名な高級リゾート地「タオルミーナ」があります。タオルミーナにあるこのギリシャ劇場は、毎年、世界のVIPが集まる映画祭、そして数演目のオペラが上演されます。陽が落ちたときがオペラの幕開け。なんともロマンティック。昨年は、リゴレット、カヴァレリア・ルステイカーナなどでした。声楽留学生の皆さんとリゴレット鑑賞。2年前のノルマは、日本人声楽留学生も合唱として舞台にたちました。

イタリアオペラアカデミー協会事務局

Via G. Falcone 1 95030 Mascalucia (CT)Italy 
本拠地 シチリア
イタリア連絡先
+39 342 8025831
留学のご相談はメールにてお願いいたします。
info(at)opera-accademia.com


日本連絡先 東京事務局
住所:東京都千代田区九段北1-12-24 九段昭和ビル5F
TEL:090-4381-0116
お問い合わせはこちらからどうぞ

イタリアオペラアカデミー協会FBコミュニテイ

イタリアオペラアカデミー協会
FBコミュニテイ