マスタークラス

2019年度 3月、4月 イタリアベルカントマスタークラス 
ジュゼッペ・コスタンツオ(テノール)
GIUSEPPE COSTANZO

               ※プロフィールは教授紹介のページをご参照ください。
               ※受講生/聴講生 皆様の声(東京・岐阜)はこちらからどうぞ。

イタリアのシチリア生まれ。(シチリアは多くのテノールを生み出してきたまさにテノール生産の地!)

25歳でマリアカラスコンクールに優勝し 世界中のコンクール最優秀賞を獲得し、ミラノスカラ座、パリオペラ座、シュターツオーパーなど35年ものキャリアを世界の歌劇場で活躍したテノール、ジュゼッペ・コスタンツオ 氏が彼の師匠カルロ・ベルゴンツイ、ジュゼッペ・デイ・ステファノから引き継いだ希少なベルカントのテクニックで指導します。発声や表現だけでなく、母音や発声につながる発音指導、息の流れや顎と横隔膜の連動作用についても指導されます。


「高音が出ない」「息が続かない」「言葉が上手に発音できない」「自分が思う表現がしにくい」「マスケラって言われてもピンとこない」「声が重くて歌っていて辛い」


などなど、勉強していれば様々な悩みや問題があると思います。

すべての問題には解決法があり、その解決の糸口を見つけるにはメカニズムをよく理解することです。偏った指導ではなくすべての体のバランスを見ながら何が問題なのか、何が欠けているのかを判断し、まずその時点で解決しなければならないことをピンポイントで指導されます。

一回のレッスンで奇跡は起こせませんが、自分が見つけていかなければならない道しるべにはなるはずです。

是非この機会にマエストロとのレッスンを御体験ください。一流の歌手のレッスンですが、非常に根気よく明確に指導していただけるのでどのレベルの方でも安心して受講いただけます。

また例年大変好評の、マエストロと長年二人三脚で多くの歌手を育ててきたソプラノ田中居恵氏による日本語ベルカント練習法公開講座も引き続き実施いたしますので是非ご参加ください。レッスンで指導されたことをすぐに実践することは容易ではありません。人それぞれのアプローチ法や解釈があるため、その人に合った練習法を見つけていくことは非常に大切であり、早道となります。練習法公開講座では様々な練習法を多くの方に見ていただき、ご自分の問題点に合った練習法をお持ち帰りいただければ幸いです。

■マスタークラス会場■
【東京】 イタリア文化会館 Sala Puccini (地図
【岐阜】 シンデレラホール

 

■マスタークラス期間、日程■
【東京】 2019年3月22日23日24日26日27日(10時〜13時20分、15時10分〜18時30分)


日本語ベルカント練習法公開レッスン日程 3月26日17時40分〜19時


【岐阜】 2019年4月1日2日3日(10時〜13時20分、15時10分〜18時30分)

 

■マスタークラス形式■
希望時間の枠を申し込む
 

マスタークラス受講・聴講費用 東京クラス
1枠 50分 25,000円(学生23,000円)
2枠以上ご希望の方は2枠目から20,000円になります。
聴講券 1日5000円 3日間から5日間 一律15,000円 
ベルカント練習法講座 一般3000円 受講生1000円 聴講生2000円
 

 

マスタークラス受講・聴講費用 岐阜クラス
1枠50分 25,000円(学生23000円) 
2枠以上ご希望の方は2枠目から20,000円になります。
聴講券 1日5000円 2日間8000円  
公開講座(初日のみ)1時間2500円 
※マエストロのレッスン法、メソッド、ベルカント唱法、レッスンで良く用いる語彙などの説明 
 

■ピアノ伴奏■
一応、伴奏スタッフがいますが、ご自分の伴奏者を同伴可能です。
事前にお知らせ下さい。
 

■お申し込み方法■
【東京クラス】イタリア文化会館 (地下鉄九段下駅から徒歩10分)

 

 

申込フォームにご記入の上、事務局から合計参加費をご連絡致します。
規定の口座へ参加費用のお振込が確認でき次第、お申し込み完了となります。(受講日程確認メールと合計参加費のご連絡メール送信日から1ヶ月以内にお振り込み下さい。)
尚、お振込後の返金はいたし兼ねますのでご了承ください。
電話 090  4381  0116
担当 田中

 

 

 

【岐阜クラス】Music Space A MODO MIO(JR岐阜駅から徒歩8分)

まずは下記へご希望の日時をお問い合わせ下さい。
電話 090 6763 7491  メール yukohibino0512(at)gmail.com    
担当 日比野 

 

 

その他、当協会へのお問い合わせは
info(at)opera-accademia.com 迄、直接ご連絡ください。

■お振込み先■ 東京クラスのみ
三菱東京UFJ銀行 青山支店
普通
口座番号 0233603
口座名義 : イタリアオペラアカデミー協会事務局
東京代表 田中良子

東京事務局連絡先
住所:東京都千代田区九段北1-12-24 九段昭和ビル5F
電話番号:090-4381-0116  
担当:田中
■お問い合わせ■
お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

ベルカントとは歌劇場で約1ヶ月もの朝から夜までのリハーサルに耐え、7、8回連続する公演を乗り越え、なおかつオケピットを越え、ながらも決して力む事の無い自然な発声法により音楽的表現に幅がでるテクニックのことです。
このテクニックを身につけるにはまずイタリア語の母音の大切さ、イタリア人が必要とするレガートの意味をよく理解することです。
よって、コスタンツオ氏のレッスンではまずベッリーニ歌曲、イタリア古典歌曲でどのようなレガート技法をみにつけているかを聞かせていただきますので下記のいずれかをご持参ください。

■持参必須曲■
ベッリーニ歌曲集
Il fervido desiderio
Malinconia
Vaga luna
Almen non poss'io
Ma rendi pur contento
Per pietà bell'idol mio

イタリア古典歌曲集
Amarilli
Caro mio ben
Sebben crudele
Già il sole dal Gange
Vergin tutto amor
O cessate di piagarmi
Intorno all'idor mio
O del mio dolce ador

ヴェルデイ歌曲集
Il poveretto
Non t'accostar all'urna
Deh pietoso oh Addolorata


の中から最低3曲は暗譜。

原調(中声用)でご用意ください。中音域の充実さが基本となります。オペラではほとんどが中音域からチェンジまでです。

アリアは基本自由曲ですが、アジリタの多いものよりレガートなもの、フランスものよりイタリアものの方が短期のレッスンで
より効果的なベルカントが理解しやすいと思われます。
レガートが基本なので、アジリタの曲を持参しても他の曲を聞かれる可能性もあります。


レオナルド・カタラノット
1993年よりイタリアベッリーニ歌劇場でコレペテイ、指揮者として活躍。その他ヨーロッパ/アジアの劇場で活躍中

#

チラシの画像をクリックすると
PDFが開きます

イタリア文化会館東京

イタリア文化会館東京

兵庫県立芸術文化センター

兵庫県立芸術文化センター

ベッリーニ歌劇場

ベッリーニ歌劇場

歌劇場のリハーサル風景
留学生には可能な限り、歌劇場のリハーサルを見学出来るよう手配しています。
イタリア現地の歌劇場がどういう風に舞台を作っていくのか、歌手はコレペテイとどういった勉強をするのか、プロの仕事を実際に自分の目でみて体験する事はとても良い経験となります。

ギリシャ劇場
シチリアには、世界的に有名な高級リゾート地「タオルミーナ」があります。
タオルミーナにあるこのギリシャ劇場は、毎年、世界のVIPが集まる映画祭、そして数演目のオペラが上演されます。陽が落ちたときがオペラの幕開け。なんともロマンティック。昨年は、リゴレット、カヴァレリア・ルステイカーナなどでした。声楽留学生の皆さんとリゴレット鑑賞。2年前のノルマは、日本人声楽留学生も合唱として舞台にたちました。

イタリアオペラアカデミー協会事務局

Via G. Falcone 1 95030 Mascalucia (CT)Italy 
本拠地 シチリア
イタリア連絡先
+39 342 8025831
留学のご相談はメールにてお願いいたします。
info(at)opera-accademia.com


日本連絡先 東京事務局
住所:東京都千代田区九段北1-12-24 九段昭和ビル5F
TEL:090-4381-0116
お問い合わせはこちらからどうぞ

イタリアオペラアカデミー協会FBコミュニテイ

イタリアオペラアカデミー協会
FBコミュニテイ